東海自治体問題研究所
トップページ へ
第43回 東海自治体学校

東海自治体学校

第43回 東海自治体学校


地域・自治体の価値ある情報交換・学習・交流の場
ー憲法を生かし、いのちと暮らしを守る自治体をー

 今、公共施設の統廃合、人口減少、特区、子どもの貧困、アベノミクスなどで地域、生活が崩壊するのではないかという危機感があります。この状況を打開できるのか、どう打開していくのか。
 第43回東海自治体学校に参加して、憲法を生かした地域づくりの展望をみつけましょう。 

誰でも参加できる学校です。ぜひ、参加ください。

●日時 2017年5月21日(日)10時から16時30分(受付9時30分開会10時)
●会場 名古屋大学経済学部(予定)(名古屋市千種区不老町)
       地下鉄名城線「名古屋大学」下車@番出口より徒歩1分
      ◆名古屋駅より約25分地下鉄東山線「本山」乗り換え、名城線「八事」「新瑞橋」方面行
      ◆金山総合駅より約21分地下鉄名城線「名古屋大学」「八事」方面行
●資料代 1,500円(障がい者、学生、年金者は1,000円)  

●プログラム     
  9:30 受付開始
 10:00 開校挨拶 市橋 克哉(東海自治体学校長・名古屋大学教授)
 10:15 基調講演「市民の共同で憲法が生きる自治体を展望する」
      講師中山徹氏(奈良女子大学教授)
 13:00 講座・分科会
 16:15 閉校 
 

問い合わせ先 東海自治体問題研究所 (tel・fax 052-916-2540)    

 全体の案内は、こちらへ(Pdfファイルがひらきます。)




このページのトップへ戻る

東海自治体問題研究所トップページ
inserted by FC2 system