東海自治体問題研究所
トップページ へ
東海自治体問題研究所
  所報通巻625号(2015.7)

 発行:2015.6.10 東海自治体問題研研究所
東海自治体問題研究所所報
(住民と自治 東海版)
 
  

満州開拓義勇隊の碑 。  昭和16年3月い濃飛の若人等201名が茨城県内原訓練所において満州開拓義勇隊を編成し6月に渡満、3年間開拓基本訓練に従事した。団員47名が非業に仆(たお)れた。昭和20年8月に太平洋戦争が終決し団は解散となった。昭和33年8月25日に生存者一同により碑が建立された。その隣に集団自決児童供養者8人の碑も建立されている。
   <撮影場所 恵那市大井町(恵那峡)
   


2015年7月号の内容(PDFファイルが開きます。)
  東海自治体問題研究所所報(住民と自治東海版)表紙・・・・・・・・・・・・・・・・1P
第41回東海自治体学校特集 市橋理事長開校あいさつ ・・・・・・・・・・・・・・・2P
基調講演「安倍政権の進める戦争立法と地方自治の破壊」(川口創) ・・・・・・・・・3P
自治体キャラバンから見た岐阜の医療・福祉の課題(渡辺憲司)・・・・・・・・・・・10P
研究会報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12P
東海ローカルネットワーク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14P
行事案内・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16P



東海自治体問題研究所トップページ
inserted by FC2 system