過 去 の 行 事 案 内 [2008年](日付降順)

トップページへ



 −−− 第51回 市町村合併・自治体自立研究会 −−−

 ○日 時:12月13日(土)14:00〜
 ○会 場:名古屋市立大学 人文社会学部602セミナー室

 ○内 容 ・東海3県下、市町村合併と自治体自立の
       研究成果とりまとめの検討
      ・その他

 ※車で参加される方は、事前に山田先生へご連絡下さい。052-872-5176



 −−− 第7回 東海圏研究会 −−−

 ○日 時:11月22日(土)14:00〜16:30
 ○場 所:名古屋市立大学・人文社会学部 602セミナ−室

 ○内 容 ・農業・農村の今日的課題
        報告/有本 信昭 会員(岐阜大学)
      ・その他

 ※車で参加される方は、事前に山田先生へご連絡下さい。052-872-5176



 前回は、地域交通要求アンケ−トをテ−マに行いましたが、日進市での
取り組みの報告は大変参考になるものでした。
 また、瀬戸市、尾張旭市、稲沢市、津市の取り組みが、地域交通の改善
に反映されていくことを期待したいと思いました。
 今回は、財政問題と地域交通に焦点をあて、新しく施行された「地方財
政健全化法」について学習します。

 −−− 第42回 交通問題勉強会 −−−

 ○日 時:11月21日(金)18:30〜
 ○会 場:愛知自治労連会館 会議室

 ○内 容 地方財政健全化法と地域交通
      ・「地方財政健全化法」のあらまし
              報告/中川 理事
      ・資金不足率が基準以上となった名古屋市バス事業について
              報告/堀部 会員
      ・意見交換:「地方財政健全化法」が地域交通に与える影響は
      ・各地域の交流
      ・その他



 −−− 第50回 市町村合併・自治体自立研究会 −−−

 ○日 時:11月 1日(土)14:00〜16:30
 ○会 場:名古屋市立大学 人文社会学部602セミナー室

 ○内 容 ・東海3県の合併自立における住民参加の諸事例について
        報告/山田 会員
      ・研究会のまとめ
      ・その他

 ※車で参加される方は、事前に山田先生へご連絡下さい。052-872-5176



 −−− 第36回東海自治体問題研究所「会員」総会のご案内 −−−

 会員の皆さまのご参加をお願いします。
 ○日時 10月24日(金)18:30〜20:30
 ○会場 名古屋市 女性会館 第1・2集会室
      地下鉄名城線「東別院」下車 東へ徒歩3分
 ○議案 ・2007年度事業報告、決算報告
     ・会計監査報告
     ・2008年度事業計画提案・予算案提案
     ・意見交流

 ○総会記念企画
  講演:「なごや保育・子育て政策」を作成して
      −親と子、保育・子育てをめぐる状況から−
     講師/山岡真由実さん(名古屋市・保育士)



 −−− 第41回 交通問題勉強会 −−−

 ○日 時:10月17日(金)18:30
 ○場 所:愛知県本部 1階会議室
 ○内 容 ・地域の交通要求のアンケ−トの報告
       日進市・津島市・瀬戸市・尾張旭市、他に事例・経験が
       ありましたら持ち寄って下さい。
   ・地域実態調査の方法と政策化について
      森田先生からの助言
      ・その他 



 −−− 秋季・市町村議員セミナー −−−

 テーマ:「地方財政健全化法」その仕組みと活用の視点

 ○日 時:10月 7日(火)受付9:30 10:00〜16:30
 ○場 所:名古屋市公会堂4階・第7集会室

 ○講師 初村尤而(大阪経済大学講師、大阪自治体問題研究所研究員)
   第1講 財政健全化法のあらまし、狙いなど
   第2講 健全化法を知るための財政の基礎知識
   第3講 健全化法への対応と財政健全化への方向

 ○参加費 8,000円(当研究所会員は5,000円)
 ○定 員 100名(先着順)
      申し込みは、FAXにて研究所事務局(052-916-2540)まで

 ※ 詳しい内容と申込用紙は、こちら(PDFファイル)です。



 −−− 第7回 地域づくりと住民自治研究会 −−−

 ○日 時:10月4日(土)13:30〜
 ○場 所:高齢者労働会館 1階会議室
      地下鉄「東別院」徒歩5分(女性会館向かい側)

 ○内 容 ・今日のコミュニティ政策の動向
       −地域福祉の実践から学ぶ−
       講師/中田 實 先生(愛知江南短期大学学長)



 −−− 第6回 東海圏研究会 −−−

 ○日 時:9月20日(土)14:00〜16:30
 ○場 所:名古屋市立大学・人文社会学部 602セミナ−室

 ○内 容 ・都市圏研究の今日的課題 −東海圏研究プロジェクトに寄せて
         報告:山田 明 会員(名古屋市立大学)
      ・その他

 ※車で参加される方は、事前に山田先生へご連絡下さい。052-872-5176



 −−− 第41回 交通問題勉強会 −−−

 ○日 時:9月19日(金)18:30〜
 ○場 所:愛知自治労連会館 会議室

 ○内 容 ・地域交通要求アンケートのとり方と内容
        報告 各地の事例報告
      ・地域実態の調査の方法と政策化について
      ・その他



 「平成の大合併」状況を整理し、現状を考えます。
 また、これまでの「研究会」の到達点を整理し、意見交換します。

 −−− 第48回 市町村合併・自治体自立研究会 −−−

 日時 8月23日(土)14:00〜16:30
 会場 名古屋市立大学・人文社会学部602セミナ−室

 内容 ・「平成の合併」の評価・検証・分析の報告
           報告 山田(明)会員
     下記資料を入手しご参加下さい。
       総務省 資料(pdfファイル 109page)

    ・「研究会」報告のとりまとめ>
           報告 山田(公)会員

    ・その他

 ※車で参加される方は、事前に山田先生へご連絡下さい。052-872-5176


   −−− 第6回 地域づくりと住民自治研究会 −−−

 ・日 時:8月9日(土)午後1時
 ・会 場:森の里荘団地 コミュニティーセンター

 ・内 容:公営住宅のコミュニティー活動
      −住宅政策と担い手づくり−

 共催 公住協

※都合のつく方は、
 ・午前10時30分、JR「大高」駅 集合
 ・森の里荘団地内、大高学区のまちめぐりを行います。



 −−− 第6回 東海圏研究会 −−−

 道州制をにらんだ動きがこの地域でも始まっています。
 また、道路網の整備により影響し合う地域経済圏が広がっています。
 地域では、国の政策と合併で、自治体及住民自治のあり方、地域経済、
まちづくり、くらし・福祉のあり方が問われています。
 このような状況を踏まえ、東海地域全体を視野に入れた研究プロジェ
クトが始まって6回目の研究会です。
 関心のある皆さんのご参加をお願いします。

 〇日 時:7月19日(土)14:00〜16:30
 〇会 場:名古屋市立大学・人文社会学部602セミナ−室

 〇内 容:・「三重県における大規模小売店舗の立地状況と問題点」
           報告:森田会員(桜花学園大学)
      ・その他
 ※車で参加される場合は、事前に山田先生にご連絡下さい。電話052-872-5176


 東海自治体学の交通分科会は、どうでしたでしょうか。
 さて、下記の日程で勉強会を開催しますので、会員の方は万障繰り
合わせご参加下さい。
 また、この問題に関心のある方もぜひお越しください。

 −−− 第40回 交通問題勉強会 −−−
 
 ○日 時:7月18日(金)18:30〜
 〇場 所:自治労連愛知県本部会議室

 ○テ−マ:「地域のバスを存続させるために 現状と課題」
  ・5月25日の東海自治体学校の「交通分科会」から
   明らかになった、地域交通・バスの維持・存続の課題
          /報告:森田先生から
  ・「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」が
    施行されて自治体の変化
          /報告:山田さんから
  ・地域からバス等地域交通の現状と持ち寄って実態把握と
   課題を考える(・25日報告の、瀬戸、大府の問題も)
          /各自参加者から
  ・その他、地域交通の情報・話題の提供
          /参加者が資料持参(10部程度)



 −−− 夏季・市町村議会議員セミナー −−−

 最近の地方自治をめぐる構造改革とそれに伴う法改正、制度改正は
めまぐるしく、また、自治体財政を支える地域経済は深刻な状況も生
まれています。
 「地方分権」が言われる中で「自立の自治体づくり」へ、地方議会
と議員の役割はますます重要になっています。

 〇日 程:7月11日(金)愛知勤労会館  13:30〜17:30
        12日(土)名古屋市公会堂 10:00〜16:30

 〇講 義
  第1日目全体講義 「入門・地方自治法」
  第2日目 講座1 「入門・自治基本条例と地域づくり、まちづくり」
       講座2 「入門・地域経済の振興その視点と手法」
       講座3 「入門・病院会計の見方、分析の仕方」
       講座4 「21世紀の地方自治と地方議会」

 詳しくはこちらのチラシ(PDF) をご覧ください。

2日間で徹底的に学ぶ!誰でも参加できる財政分析講座

 −−− 入門・市町村財政分析講座 −−−
定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

 「地方財政健全化法」が施行され、市町村財政が一層とクローズアップ
されます。
 財政分析の意義、分析の具体的なノウハウを学び、自分の"まち"の財政
分析に挑戦しましょう。

 〇日 程:7月4日(金)(受付9:30)10:00〜16:30
        5日(土)(受付9:30)10:00〜16:00
 〇場 所:名古屋市中区「東別院会館」2階・椿の間
      (地下鉄名城線「東別院」駅 西へ徒歩2分)

 〇講 師:大和田 一紘 先生(都留文科大学)
 〇テキスト「習うより慣れろの市町村財政分析」大和田一紘著 \2,000
 〇定 員:50人(定員になりしだい締め切り) ※電卓を使用します。

 〇参加費:2日間16,000円(研究所会員は、13,000円)
       ※いずれもテキスト代込み。テキストお持ちの方は2,000円引き
   研究所に入会される方(会費半年分納入)は、会員参加となります。

 参加申し込みは、研究所事務局FAX052−916−2540まで
定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。


    第34回 東海自治体学校

 〇日 時:5月25日(日)受付9:30 開会10:00
 〇会 場:愛知県勤労会館(つるまいプラザ)
      (JR・地下鉄「鶴舞」下車徒歩5分)
 〇資料代:1,300円(障害者・年金者・学生1,000円)

※参加申し込みは、事務局(東海自治体問題研究所 FAX052-916-2540 まで)
 ご案内チラシ兼FAX申込書はこちら(PDFファイル)

◎全体集会(2階小ホ−ル)10:00開会
 ・問題提起
   永井 和彦・実行委員会事務局長
  構造改革路線によって、暮らし、職場、地域の中に現れている問題や矛盾を
 明らかにし、参加者で問題を共有します

 ≪ 基 調 講 演 ≫
 テ−マ:「一人ひとりの暮らしと人権を守る自治体をめざして」
      −構造改革路線、貧困・格差社会からの転換− 
     講師:岡田 知弘 氏(自治体問題研究所理事長・京都大学教授)

◎講座・分科会紹介(13:15〜16:30)
 講座1「地方財政健全化法」とこれからの自治体財政
    講師 初村 尤而氏(大阪経済大学講師) 
   ○報告:蒲郡市などから
    夕張市の財政破綻も引き金となって「地方財政健全化法」が制定されま
   した。
    各自治体の財政は、この秋から公営企業なども含めた連結決算でチェッ
   クすることになります。
    財政健全化法と今後の自治体財政のあり方について学習します。
 分科会1 自治体病院の現状と今後の行方
     助言者:久保田 武氏(愛知民医連事務局長)
    ○報告:・新城市民病
       、・尾陽病院、
        ・四日市市民病院、
        ・守山市民病院
        を守る運動から
    医師・看護師不足、経営の赤字等で自治体病院の縮小、民営化が起こり地
   域医療の崩壊が言われています。自治体病院、地域医療の現状を出し、自治
   体病院の役割を考えます。
 分科会2 誰もが利用しやすい介護保険制度を
     助言者:大崎 千秋氏(愛知江南短期大学)
    ○報告:・めいきん生協事業部から、
        ・ヘルパ−、
        ・介護認定調査員、
        ・地域包括支援センタ−  などから
    「介護の社会化」を名目に介護保険制度が始まって8年が経過。09年の介
   護報酬の改定に向けて、誰もが安心して利用できる制度とするため、現状と
   今後を話し合います。
 分科会3 地域づくりと住民自治 −町内会・自治会の可能性と課題−
     助言者:中田 實氏(愛知江南短期大学)
    ○報告:・政府のコミュニティ政策の動向を学ぶ、
        ・河芸町・千里ヶ丘団地から、
    瑞穂区のたまり場活動などから町内会・自治会は地域運営と地域づくりに
   大きな役割を果たしています。事例報告をもとに、わが町内会や学区の様子
   と照らして交流し、より良い町内会・自治会活動に役立て下さい。町内会・
   自治会に関わっている方、ぜひご参加下さい
 分科会4 質の良い保育は子どもの人生を変える
      −保育者と子どもと親との『いい関係』をつくる保育園の役割−
     助言者:中村 強士氏(東海医療福祉専門学校)
    ○報告:・保育の質を落とさないために始めた異年齢保育、
        ・公立保育園の実践から「保育の質」を読み取る、
        ・企業保育と親の求める保育、  など。
    「公立保育園の民営化方針の中で『保育の質は落とさず、サ−ビスの充実
   を』」と言われています。子どもの権利と発達保障と育ち合う場としての保
   育園の役割の視点から、『保育の質』を高めるために何が必要か考えあいま
   しょう。
 分科会5 住民の足"バス"をどうする
     助言者:橋本 成仁氏(豊田都市交通研究所・主席研究員) 
    ○報告:・豊田市の公共交通網整備と展開、
        ・大府市・コミバスの現状と課題、
        ・瀬戸市・民営バス撤退問題   など。
        参加者の皆さんも地域の状況の発言で交流しましょう。
    路線バスの廃止、コミュニティ・バスの運営、地域公共交通会議の設置と
   運営など、各地共通の悩みがあります。
    各地の報告から、解決方向や住民の足"バス"を守る視点を論議しましょう。
    地域交通の実現に参考になる分科会です。
 分科会6 人権を保障する公務・公共サ−ビス
     助言者:木村 雅英氏(自治労連・自治政策局長)
    ○報告:・市民課窓口・瀬戸市、
        ・生活保護・名古屋市、
        ・多重債務・豊橋市、
        ・国保の窓口から(要請中)  など
    自治体業務のあり方について、国民の人権を保障する立場から見つめ直し、
   業務のアウトソ−シングの実態やスリム化の実態を出し合い、公務・公共性
   の確保と充実の方向をさぐります。
 分科会7 東海圏の構造変化と地域経済の動向
     助言者:山田 明氏(名古屋大市立大学)
    ○報告:・都市圏の構造変化と研究課題、
        ・トヨタと地域経済、
        ・名古屋のまちづくり、
        ・三重県における産業経済の動向
    東海圏においても地域構造・地域経済・地方自治をめぐる構造変化が起き
   ています。
    トヨタに代表される製造業との関連での地域経済、名古屋の動向、三重・
   岐阜の産業・経済の動向と今後のあり方を論議します。
 分科会8 子どもを育む豊かな給食
     助言者 新村 洋史氏(中京女子大学)
    ○報告:・センタ−方式(春日井・豊橋)、
        ・自校方式(犬山・瀬戸・名古屋)の職場から。
    子どものいのちと成長を育む「給食」。今回は、食育、地産地消、食の安
   全をテ−マに安心できる豊かな給食づくりを討論します。
 分科会9 ダム・水・みどり・環境
     助言者:市野 和夫氏(設楽ダムの建設中止を求める会代表)
    ○報告:・設楽ダム建設問題、
        ・徳山ダム導水路問題、
        ・森林保全活動について、
        ・都市部にみどりをつくる、
        ・環境・雨水・ごみ・海から考える(要請中)
    ダム建設事業は、主に利水・治水などの対策事業です。一方で生態系・環
   境を壊しながら推進されています。
    今回は身近な環境問題から報告・検証ます。
 分科会10 消防の「広域化」問題を考える
    ○報告:消防の広域化問題とは、
        ・三重県の消防広域化問題について  など。
    消防の「広域化計画」が東海三県でも策定されました。消防の広域化は、
   国の基準に満たない消防力を固定化し、消防力の低下を招きかねません。
    住民の生命・財産は守れるのか?「広域化」問題を参加者で議論しまし
   ょう。

主 催:第34回東海自治体学校実行委員会
事務局:東海自治体問題研究所



    憲法フェステイバル2008 inあいち
   −今こそ響け高らかに憲法のこころ−

◎日時:5月3日(祝)
 <昼の部 12:15開場 13:00開演>
  講演:「いま、憲法を変えることの精神分析」
      講師:香山リカ氏(精神科医)
  演奏:交響曲「5月の歌」指揮:戸山雄三
     名古屋フィルハーモニーと市民による合唱
 <夜の部 16:45開場 17:30開演>
  講演:「現在を解き明かす憲法のこころ−改憲は遠のいたか−」
     講師:森英樹氏(名古屋大学名誉教授)
  演奏:(昼の部と同じ)

◎会場:愛知県芸術劇場コンサートホール ※地下鉄栄下車 徒歩3分
◎入場料:2,800円(学生/障害者500円引き)
◎チケット:ローソン、サークルK、サンクス、ファミリーマートで販売中。
※当日、開演2時間前から窓口で座席券と引き換え。子供も大人と同様の扱い。


 −−− 第40回 現地に学ぶツア− −−−
巨大開発!トヨタ・テストコ−スの予定地を見に行こう

 総面積660ha、造成面積410ha。万博・長久手会場(158ha)の4倍、ディズニ−
ランド(51ha)の約13倍の規模で、約900人が働く研究棟とテストコ−ス(幅30m、
6kmの周回コ−ス)を造る巨大開発が旧下山村(現豊田市)で行なわれようとしてい
ます。
 この巨大開発に対して、愛知万博で自然保護・環境保全を謳った愛知県にふさ
わしくない貴重な里山の保全・貴重な動植物の保護を求めて「愛知県野鳥保護連
絡協議会」が愛知県に要望書を提出しました。
 今回は、この巨大開発の予定地を、岡崎市の野鳥の会の方に案内していただき
ます。ぜひ、ご参加下さい。

 〇開催日時:4月13日(日)
 〇集合場所:(集合場所が2ヶ所になり、時間も変更になっています)
  金山駅南(ボストン美術館前)午前9時15分集合、9時30分出発
  名鉄東岡崎駅・南口     午前10時30分集合、即出発

       マイクロバスで現地に移動。開発予定地を見て、歩きます。
       里山の風景も楽しんで下さい。
       ※現地で昼食(昼食、お茶、各自で用意)

 〇見学コ−ス ・里山にかこまれたトヨタ・テストコ−ス建設予定地 見学
        ・徳川家ゆかりのお寺・大樹寺も訪れます
 〇参加費  2,000円
 〇参加定員 25名・先着順(雨天決行)

案内チラシはこちら(PDFファイル)です。
※申込みは、研究所:FAX052−916−2540へ



 −−− 第6回 地域づくりと住民自治研究会 −−−

 〇日 時 4月5日(土)13:30〜16:30
 〇場 所 めいきん生協・犬山店 組合員活動室
      (名鉄犬山駅東口より東南へ徒歩5分 TEL:0568-61-6201)

 〇内 容 ・地域における町内会連合会の役割
       −一宮市内の町内会の財政運営を通して−
                報告:中川会員
      ・東海自治体学校、分科会の内容検討
      ・その他


 −−− 第47回 市町村合併・自治体自立研究会 −−−

 今回は、合併時に県をまたぐ合併でいろいろ話題になった中津川市から、
合併後(1市、3町、4村の合併)の現状と課題について報告をお願いし
ました。
 ぜひ、ご参加下さい。

 ○日 時:3月29日(土)午後2時〜4時30分
 ○会 場:名古屋市立大学・人文社会学部 602セミナ−室

 ○内 容・中津川市、合併後の現状と課題 報告:鷹見会員
       報告後、質疑・意見交換
     ・東海自治体学校の分科会検討など
     ・その他
 ※車で参加される方は、事前に山田先生に連絡して下さい。052-872-5176


 −−− 第39回 交通問題勉強会 −−−

 前回の勉強会では、名古屋市など大都市での公営交通の報告を
いただきました。また、日進市からは、名鉄が3路線の廃止を提
案したこと。常滑市から地域巡回バスの充実を求める運動の報告
がありました。
 次回は、以下の日程で開催しますので万障繰り合わせてのご参
加をお願いします。
 また、関心をお持ちの方はどなたでもお越し下さい。

 日時 3月14日(金)18:30〜
 場所 愛知自治労連会館 1階会議室

 内容 ・各地域のバス交通の状況交流と意見交換
     ※ 愛知・岐阜・三重各県の「バス対策協議会」に向けて、
      各自治体の「地域公共交通会議」(未設置自治体もある)
      に対し事業者から「バス路線廃止提案」の動きがあります。
       各地域のバス事業者、市町村の動き(コミバスなども)
      の情報を持ち寄って情報交換・意見交換をします。
       地域バス交通(コミバスも)に関心のある方、是非ご参
      加下さい。

     ・東海自治体学校・交通分科会の検討

     ・その他


 −−− みえ自治体財政学習会 −−−
    自治体財政の健全化を考える

 〇日 時:2月23日(土)13:00〜16:30
 〇場 所:サンワーク津 研修室

 〇内 容:講演「財政再建法と自治体財政のあり方」
       初村 尤而 氏(大阪経済大学講師)

 〇報 告:・ 先行合併・いなべ市の財政と住民サービス
      ・ 県都津市の合併のいま
      ・ 自治体キャラバンから見えた自治体の役割

  ※ 資料代 1,000円

 ご案内チラシ(PDFファイル)

主催:自治労連三重県本部(TEL:059-224-5501)
   東海自治体問題研究所(TEL:052-916-2540)



 −−− 長良河口堰と市民運動 −−−

 〇日時:2月9日(土)14:00〜16:30
 〇場所:愛知産業貿易館・西館第1会議室

 講演1「河口堰運用は長良川に何をもたらせたか」
       講師/粕谷志郎氏(岐阜大学教授)
 講演2「河口堰から12年、徳山ダム完成を前に水資源を考える」
       講師/富樫幸一氏(岐阜大学教授)
 講演3「私たちは公共事業をどのように変えられたか」
       講師/天野礼子氏(長良川河口堰建設をやめさせる市民会議)

 連絡先 名古屋水道労働組合 052-971-3105


 −−− 第5回 地域づくりと住民自治研究会 −−−

 〇日 時:2月2日(土)13:30〜
 〇場 所:東別院会館・梅の間
      地下鉄「東別院」4番出口

 〇内 容 ・地域づくりと社会教育の可能性
         報告:加藤会員
      ・新建築家技術者集団との懇談
      ・その他



 −−−「設楽ダムの建設中止を求める会」総会 −−−
        記念講演会

 〇日時:1月27日(日)14:30〜16:30
 〇場所:新城文化会館・大会議室
     TEL 0536-23-2122

 記念講演:講師 宮本博司 氏

 連絡先 市野和夫 電話(代表)0532-88-4358


 −−− 第46回 市町村合併・自治体自立研究会 −−−

 〇日 時:1月26日(土)14:00〜
 〇場 所:名古屋市立大学 人文社会学部 602セミナー室

 〇内 容 ・自治体自立に向けた研究テーマの検討
      ・その他



 −−− 第38回 交通問題勉強会 −−−

 これまでは、民間の撤退が進む「地域鉄道・バス問題」を取り上げて
きましたが、今回は、「市バス・地下鉄」の民営化が進行している政令
市での「公共交通の現状と課題」を報告していただき意見交換します。

 ○日時 08年1月25日(金)18:30〜20:30
 ○場所 愛知県本部会議室

 ○内容 ・政令市の公共交通の現状と課題
       −民営化問題を中心として−
              報告:三浦会員
     ・今後の予定について意見交換
       民間事業者の調査などについて
     ・その他

トップページへ

inserted by FC2 system