過 去 の 行 事 案 内 [2007年](日付降順)

トップページへ



 −−− 東三河地域医療問題シンポジウム −−−
      新城の中心で医療を叫ぶ
 老後を安心して暮らし、子どもを産み育てられる地域をめざして

 ○日 時 12月1日(土)13:30〜16:30
 ○場 所 新城商工会議所(保健所・南)
      3階・大研修室 電話0536-22-1778
 ○参加費 無料(どなたでも参加できます)

 ○講 演 地域から日本の医療を考える視点
  講師:久保田武氏(愛知民医連)
 ○シンポジウム「新城の中心で医療を叫ぶ」
  シンポジスト
  ・医療関係者(要請中)
  ・植羅哲也氏(愛知県医務国保課主査)
  ・保健師(要請中)

 ※託児室あります。事前予約を
 連絡先:豊川市職0533-84-5406
     新城市職0536-23-6563



 −−− 日本地域経済学会 第19回愛知大会 −−−
       ◆地域公開シンポ◆
  豊田のまちづくりと観光 −企業都市をこえて−

 今回の公開シンポは、「懐かしさと新しさが発見できるまち、とよた」の
観光まちづくりを討論の素材とし「観光交流都市づくり」の成果と課題を明
らかにします。
 ○日時 12月1日(土)13:30〜16:30
 ○会場 豊田市能楽堂 電話0565-35-8200
    (豊田市西町1-200 豊田参号館8階)

 主催 日本地域経済学会
    桜花学園大学観光総合研究所
 後援 豊田市・豊田観光協会

 参加費:無料 申込み:不要(どなたでも自由に参加できます。)
【パネリスト】
 ・豊田市長 鈴木公平氏
 ・桜花学園大学観光総合研究所所長 森川敏育氏
 ・三菱UFJ主任研究員 田中三文氏
 ・愛知学泉大学教授 山崎丈夫氏
 ・コ−ディネイタ 森田優己氏(桜花学園大学観光文化学科教授)



 −−− 第4回 地域づくりと住民自治研究会 −−−

 ○日 時 12月1日(土)13:30〜16:00
 ○場 所 愛知高齢者事業団1階会議室
      地下鉄東別院下車 徒歩5分(女性会館の向かい側です)

 ○内 容 ・犬山、わが町のまちづくり地域づくり
         報告 山下会員
      ・その他



 −−− 第45回 市町村合併・自治体自立研究会 −−−

 ○日時 11月24日(土)14:00〜16:30
 ○場所 名古屋市立大学・人文社会学部 602セミナ−室

 ○内容 ・市町村合併と自治体を巡る状況
     ・研究成果の「中間まとめ」
     ・その他

 ※車で参加される方は、事前に山田先生にご連絡をお願いします。052-872-5176



 −−− 第37回 交通問題勉強会 −−−

 ○日 時:11月16日(金) 18:30〜
 ○場 所:愛知県本部会議室

 ○内 容:・明知鉄道の現地調査報告など
            /山田会員
      ・東海3県のバス対策協の状況など
      ・今後のテーマ その他



 −−− 第15回 岐阜県地方自治研究集会 −−−

 ○日 時 11月11日(日) 午前10時〜(受付9:30)
 ○場 所 岐阜県民ふれあい会館 301会議室
      岐阜市藪田南5 TEL:058-277-1111

 ○日 程・県内自治体職場からの報告(10:10〜)
       岐阜市の学校給食民間委託について
       岐阜市立保育所の第二次民営化の報告
       岐阜市民病院からの報告
       各務原市の勤務評定問題の報告 など
     ・ニュージーランドの「行革」事情報告(11:45〜)
       近藤 真 氏(岐阜大学教授)
     ・(昼休み 12:15〜13:00)
     ・記念講演「自治体が生み出す格差社会」(13:00〜)
       −公務労働の解体とワーキングプアの拡大−
      講師:城塚 健之 氏(自治労連弁護団)

 資料代:1,000円 (直接会場へご参加ください)

 主催:岐阜県地方自治研究集会実行委員会



  −−− 第44回 市町村合併と自治体自立研究会 −−−

 ○日 時 10月13日(土)14:00〜16:30
 ○場 所 名古屋市立大学・人文社会学部 602セミナ−室

 ○内 容 ・恵那市から、合併の現状と課題(報告:恵那市会議員、市民の会)
       市民アンケ−トでは、62.9%の人が「大変悪くなった」と
       合併を評価。その実態を報告していただきます。
      ・その他



 −−− 第3回 地域づくりと住民自治研究会 −−−

 ○日 時 10月6日(土)13:30〜
 ○場 所 高齢者労働会館(愛知高齢者事業団)1階会議室
       ※地下鉄「東別院」下車、徒歩5分
      (女性会館の向かい側です)

 ○内 容 地域づくりと商店街活性化への挑戦
       −雁ぶら物語と雁道商店街−
            報告:吉川 富士子さん(瑞穂区)



   −−−「東三河くらしと自治研究所」設立総会 −−−

 ○日 時 9月29日(土)13:30
 ○場 所 豊橋・カリオンビル
       ※豊橋駅より徒歩8分

 ○内 容 東三河くらしと自治研究所設立総会
      ・基調講演 講師 岡田知弘氏
        「暮らしと自治の発展を地域から共に考えよう」
      ・設立提案 宮入興一代表世話人



    −−− 交通問題勉強会 −−−

  住民サ−ビスの「委託・指定管理者制度」を考える学習会

 ○日時 9月24日(月・祝日)14:00〜16:30
 ○場所 あいちNPO交流プラザ(県東大手庁舎)A会議室
      地下鉄名城線「市役所」駅 下車徒歩5分

 ○内容 住民サ−ビスの「委託・指定管理者制度」を考える
      講師 市橋 克哉 氏(当研究所理事長・名古屋大学教授)

 参加費 ・研究所会員 無料
     ・非 会 員 500円(資料代として)
 ※どなたでも参加できます。直接会場へお越しください。



   −− 東三河の「安全・安心な食糧と農業」を考える懇談会 −−

 ○日 時 9月1日(土)13:30〜16:30
 ○場 所 豊橋市職員会館・5階会議室
       ※市電 市役所駅下車 徒歩3分

 ○内容 東三河の「安全・安心な食糧と農業」を考える懇談会
      農業生産者(露地野菜・米・畜産・施設野菜・奥三河など)から
     東三河の農業の現状報告を受け、参加者で、安全・安心な食糧や農
     業のあり方について意見交換します。
 ○資料代 500円

 主催:東三河くらしと自治研究所・準備会



 −−− 第46回市町村合併・自治体自立研究会 −−−

 ○日 時:8月25日(土)14:00〜16:30
 ○場 所:名古屋市立大学・人文社会学部 602セミナ−室

 ○内 容 ・「第2期地方分権改革」と自治体自立
             報告 山田先生
      ・合併事例の検証
        「田原市」からの報告

※車で参加される方は、事前に山田先生にご連絡をお願いします。052-872-5176


 −−− 第36回 交通問題勉強会 −−−
    現地に学ぶ・明知鉄道見学会 

 今回は現地に学ぶとして、過疎を走る鉄道として頑張っている
明知鉄道を見学します。

 ○実施日:8月2日(木)
 ○集 合:中央線名古屋発8時7分の快速中津川行き電車の先頭車に乗車
      (又は明知鉄道恵那駅ホームに9時12分に集合)

 ○内 容:明知鉄道に乗車し岩村の町並と大正村を見学し地域交通
      の現状を学ぶ。
 ○費 用:実費(運賃3,720円)と昼食代等
 ○解 散:名古屋には17時頃帰着します。
 ○申 込:資料の準備がありますので、参加希望者は事前に
      東海自治体問題研究所・亀谷までご連絡ください。



 −−− 第35回 交通問題勉強会 −−−

 ・日程 6月29日(金)18:30〜20:30
 ・場所 愛知県本部 1階会議室

 ・内容 ・「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律(5月18日成立)」
       の学習会       講師 森田優己 先生(桜花学園大学)
     ・現地調査企画の検討
     ・その他



 −−− 第42回 市町村合併・自立研究会 −−−

 ・日時:6月23日(土)14:00〜16:30
 ・場所:名古屋市立大学・人文社会学部 602セミナ−室

 ・内容 ・合併後の自治体の課題・愛西市の事例
        報告:愛西市・真野議員
     ・その他

 ※車で参加される方は、事前に山田先生にご連絡をお願いします。052-872-5176



   −−− 第1回地域づくりと住民自治研究会 −−−

 日 時 6月2日(土)13:30
 場 所 名古屋市市政資料館・第3集会室

 内 容 「地域づくりと住民自治」研究会発足学習会
     講演 地域分権時代の町内会・自治会
         講師 中田 實先生(愛知江南短期大学)
     ・講演後、参加者による交流をします。地域づくり・まちづくり、
      町内会・自治会などに関心のある方、ご参加下さい。


    第33回 東海自治体学校
○日時 5月20日(日)受付9:30 開会10:00
○会場 愛知県勤労会館(つるまいプラザ)
   (JR・地下鉄 鶴舞下車徒歩5分)

資料代 1,300円(障害者・年金者・学生 1,000円)

講座1「美しい国」の憲法を知っていますか?
    講師 本 秀紀氏・愛知憲法会議事務局長(名古屋大学) 
 安倍首相は、7月の参議院選挙で憲法改正は争点の一つと発言しています。
あなたは、安倍首相の「美しい国」の憲法(自民党憲法草案)の内容を知って
いますか? 
 現行憲法との違いを一緒に学習しましょう。また、憲法改正の手続き「国民
投票法」についても考えてみましょう。

講座2 いま、自治体と自治体労働者に求められるもの
      −青年がつくる自治体の明日−
    講師 林 克・自治労連政策運動局長
 北九州市で生活保護を求めた男性に市が保護の「申請書」を渡さず餓死した事
件がありました。自治体では仕事のアウトソ−シング(外注・委託化)が進んで
います。NPO、企業等が主体となった「公共」の仕組みづくりも表れています。
 こうした動きを題材に、自治体と自治体労働者の役割について考えていきます。

1特別分科会 徹底討論「改善したい 福祉・医療」
      コ−ディネタ 加藤 孝夫氏(日本福祉大学)
   報告:医療分野から (愛知民医連・久保田さん)
      障害者分野から(障害者センタ−・上田さん)
      介護分野から (三重県から)
 地域から「医師」や「産婦人科」がなくなる、医療改革で地域と住民への影響は?
 障害者へのサ−ビス利用1割負担問題は? 介護保険「改正」で高齢者は安心で
きたでしょうか?
 参加者から問題状況を出し合い、改善の政策を討論します。

2「地域づくりと住民自治」分科会
  助言者 中田 實氏(愛知江南短期大学)  
  報告:町内会・自治会から報告(要請中)
     住民参加の商店街活性化(要請中)
     あんきに暮らせる瑞穂区の会
 町内会・自治会や地域づくりに関心のある人はぜひご参加下さい。
 少子高齢化、過疎、担い手問題、行政からの協働・・・などなど地域の課題は山
積み。各地での取り組みを交流し、生活の基盤である地域を良くしていくことを論
議します。

3「21世紀の子ども達の豊かな保育を見すえて」分科会
  −公立保育園民営化の動きと運動の交流−
  報告:愛知県下の自治体への「公立保育所緊急アンケ−ト」で見えてきたこと
     保育をよくするネットワ−クなごやからの報告
     刈谷市の公立保育園民営化問題
 保育や子育て環境の充実の大切さが叫ばれる一方で、公立保育園の民営化が推進
されています。各自治体の状況を交流し、子どもと親にとって大切な保育のあり方
を論議します。

4「住民の足"バス"をどうする」分科会
 助言者 森田 優己氏(桜花学園大学) 
  報告:稲沢市・巡回バスを実現する会
     名古屋市バス・運転手から
 東海三県の各地では、民間バスの撤退で"住民の足"がなくなっています。
 一方、各地でコミュニティバス・巡回バスを実現する運動が生まれています。
 各地の運動の交流とともに、「交通権」やバスを巡る政策動向を学習します。

5「公務・公共サ−ビスのあり方」分科会
 助言者 市橋 克哉氏(名古屋大学)
  報告:高浜市総合サ−ビス株式会社の実態(要請中)
    三重県から
 「住民の権利は守られているでしょうか?」、また「働いている人の権利はどう
でしょうか?」、自治体業務の委託・指定管理者制度の実態を交流し、公務・公共
サ−ビスのあり方を論議しましょう。

6「都市と農山村から自治体自立を考える」分科会
 助言者 山田 公平氏(名古屋大学名誉教授)
     有本 信昭氏(岐阜大学)
  報告:「中山間地域の地域再生づくり」の報告
     合併自治体の合併後問題(三重・愛知から)
     豊田市・合併後の新市計画と地域活性化策(要請中)
 自治体の財政的自立を支える地域経済の再生及び活性化が重要になっています。
中山間地域での地域再生の報告、合併自治体での課題、新市計画づくりの報告を基
に論議します。

7「子どもを育む豊かな給食」分科会
 助言者 新村 洋史氏(中京女子大学)
  報告:給食センタ−のPFI化問題と試食会アンケ−ト
     田原市、合併に伴う保育園給食のセンタ−化問題
     瀬戸市、委託事業者の調査報告 
     なごや食育まつり
 子どものいのちと成長を育む「給食」の大切さを確認し、父母・住民と力を合わ
せた取り組みを交流し討論しましょう。

8「水とみどり・上下流域の取り組み」分科会
 助言者 丹羽 健司氏(矢作川水系ボランティア協会)
  報告:徳山ダム導水路問題、間伐体験
     東三河と設楽ダム問題について
     天白川の水源地の開発問題
     中津川市民と下流市民の国有林保全の取り組み
 徳山ダムからの「導水路」、設楽ダムは本当に必要でしょうか?また、水と森か
ら環境問題を考えます。大切な水も森がないと使えません。森は水の貯金箱なので
す。


 −−− 第3回 東三河くらしと自治・世話人懇談会 −−−

 日時 4月28日(土)13:30〜15:30
 場所 豊橋市職員会館

 内容 ・今後の研究テ−マ
    ・今後の取り組み・事務局体制など
    ・その他



 3月9日に「財政健全化法案」が閣議決定されました。また、07年度から
新交付税制度が実施されよとしています。
 地方自治と自治体財政をめぐる大きな変更について解説と報告をお願い
しました。

 −−− 第41回市町村合併・自立研究会 −−−

 ○日 時:4月28日(土)14:00〜16:30
 ○会 場:名古屋市立大・人文社会学部・602セミナ−室

 ○内 容(一部内容が変更になりました)
     ・財政健全化法案と自治体財政(仮称)
          報告者:山田 明 先生
     ・豊田市らの報告 報告者:本多会員
       −広域合併と地域自治問題−(仮称)
     ・その他

 ※車で参加される方は、事前に山田明先生に連絡して
  下さい(駐車場の関係です)。電話052-872-5176



 今回は、万博の輸送手段として注目された「リニアモ−タ
−カ−」、その後の状況を報告していただきます。

 −−− 第34回 交通問題勉強会 −−−

 ○日 時:4月27日(金)18:30〜20:30
 ○会 場:愛知県本部・会議室

 ○報 告 「休日の大規模集客施設への交通行動調査
      −モリコロパ−クでの事例−」
                  青山 泰人会員
      ・5月20日の東海自治体学校・分科会について
      ・その他



 廃校を拠点に地域づくり、地域興しに挑戦する揖斐川町の
「いび生活楽校」をマイクロバスで訪ねます。
 谷汲山の桜見物にも立ち寄ります。

 −−− 第39回 現地に学ぶツアー −−−

 ○日時:4月14日(土)集合9:00 出発9:15
 ○集合場所:名古屋市役所 西庁舎南側

 ○訪問場所:揖斐川町「いび生活楽校」
 ○参加費:2,800円
 ○定員:20名(申し込み先着順)

 申し込みは、FAXにて 氏名、住所、電話番号、FAX番号
 を記入のうえ、052-916-2540まで送信してください。



 −−− 第11回 介護保険研究会 −−−

 ○日 時:4月14日(土)14:00〜16:30
 ○場 所:女性会館 中会議室

 ○内 容 ・地域包括支援センターから
       −激変する介護の現場からの報告−
       報告/A市地域包括支援センター ケアマネージャー



  −−− 第40回市町村合併・自立研究会 −−−

 日時 3月10日(土)14:00〜16:30
 場所 名古屋市立大学・人文社会学部602セミナ−室

 内容 ・21世紀初頭の名古屋市の自治体経営戦略を読む
             報告:梅原 浩次郎 会員
    ・その他

 ※車で参加される方は、事前に山田先生にご連絡をお願いします。052-872-5176



   −−− 第10回 介護保険研究会 −−−

 ○日 時:2月17日(土) 14:00〜16:00
 ○場 所:高齢者事業団 1階 第1会議室
      地下鉄「東別院」東へ徒歩5分(女性会館向かい側)
 ○内 容 −地域と保健師から見える−
       「介護保険の現状と課題」
           報告 名古屋市保健師



   −−− 第33回 交通問題勉強会 −−−

 ○日 時:2月16日(金) 18:30〜20:30
 ○場 所:自治労連愛知県本部 会議室

 ○内 容 ・富山LRT調査報告
      ・今後の研究課題の検討
      ・その他



 今年最初の企画は、自立を選択した自治体と合併した自治体から、
「自立に向けた」それぞれの模索の報告を受け、参加者で意見交換し
ます。
 また、山田先生から愛知県の「第二次合併推進」のレポ−トについ
て報告していただきます。

  −−− 第39回市町村合併・自立研究会 −−−

 日時 1月27日(土)14:00〜16:30
 場所 名古屋市立大学・人文社会学部602セミナ−室

 内容 ・自立を選択した三重県朝日町から
     「財政から見た朝日町の自立の課題」(仮称)
             報告:朝日町 野呂議員
    ・2町2村合併の愛知県・愛西市から
     「合併の現状と今後の課題」(仮称)
             報告:愛西市 真野議員
    ・愛知県市町村合併推進構想について
             報告:山田 明会員

 ※車で参加される方は、事前に山田先生にご連絡をお願いします。052-872-5176


トップページへ

inserted by FC2 system